アンリ・カルティエ-ブレッソンの名言集

Source:https://pro.magnumphotos.com

“It is an illusion that photos are made with the camera… they are made with the eye, heart and head.

写真がカメラで作られているのは錯覚です。写真は目、心、そして頭で作られています。

“To photograph: it is to put on the same line of sight the head, the eye and the heart.”
写真を撮る:頭、目、そして心を同じ視線上に置くことです。

“Your first 10,000 photographs are your worst.”
あなたの最悪の写真は、最初の10,000枚です。

“A photograph is neither taken or seized by force. It offers itself up. It is the photo that takes you. One must not take photos.”
写真は無理矢理撮られるものではありません。それはそれ自身を提供します。あなたを連れて行くのは写真です。写真を撮ってはいけません。

“Of all the means of expression, photography is the only one that fixes a precise moment in time.”
表現のあらゆる手段の中で、写真は時間内の正確な瞬間を修正する唯一のものです。

“The picture is good or not from the moment it was caught in the camera.”
カメラに写った瞬間から、写真は良いかどうかはわかりません。

“The creative act lasts but a brief moment, a lightning instant of give-and-take, just long enough for you to level the camera and to trap the fleeting prey in your little box.”
創造的な行為は続きますが、ほんの少しの瞬間、ギブ・アンド・テイクの稲妻の瞬間、あなたがカメラを水平にし、つかの間の獲物をあなたの小さな箱に閉じ込めるのにちょうど十分な長さです。

“To me, photography is the simultaneous recognition, in a fraction of a second, of the significance of an event.”
私にとって、写真撮影は、瞬時に、イベントの重要性を認識することです。

“Photography is, for me, a spontaneous impulse coming from an ever attentive eye which captures the moment and its eternity.”
写真は、私にとっては、その瞬間とその永遠を捉える、常に注意深い目から来る自発的な衝動です。

“Your eye must see a composition or an expression that life itself offers you, and you must know with intuition when to click the camera.”
あなたの目は、人生そのものがあなたに提供する構図や表現を見なければならず、そしていつカメラをクリックすべきか直観的に知っていなければなりません。

“For me, the camera is a sketch book, an instrument of intuition and spontaneity.”
私にとって、カメラはスケッチブック、直感と自発性の道具です。

“Above all, I craved to seize the whole essence, in the confines of one single photograph, of some situation that was in the process of unrolling itself before my eyes.”
何よりも、私は自分の目の前で展開する過程にある状況の1枚の写真の範囲内で全体の本質をつかむことを切望しました。

“Memory is very important, the memory of each photo taken, flowing at the same speed as the event. During the work, you have to be sure that you haven’t left any holes, that you’ve captured everything, because afterwards it will be too late.”
記憶は非常に重要です。撮影された各写真の記憶は、イベントと同じ速度で流れます。作業中は、穴を空けていないことを確認する必要があります。後ですべての穴を開けたため、手遅れになります。

“Photographers deal in things which are continually vanishing and when they have vanished there is no contrivance on earth which can make them come back again.”
写真家は絶えず消えていくものを扱っていますし、消えてもまた戻ってくるような仕掛けはありません。

“This recognition, in real life, of a rhythm of surfaces, lines, and values is for me the essence of photography; composition should be a constant of preoccupation, being a simultaneous coalition – an organic coordination of visual elements.”
現実の世界では、表面、線、および値のリズムがこのように認識されていることは、私にとって写真の本質です。構成は同時の連帯 – 視覚的要素の有機的な調整 – であり、常に関心を持っているべきです。

“Reality offers us such wealth that we must cut some of it out on the spot, simplify. The question is, do we always cut out what we should?”
現実は私たちにそのような富を提供するので、そのうちのいくつかをその場で切り取らなければなりません。問題は、私たちは常に私たちがすべきことを切り出すのかということです。

“While we’re working, we must be conscious of what we’re doing.”
私たちが働いている間、私たちは自分がしていることを意識しなければなりません。

“We must avoid however, snapping away, shooting quickly and without thought, overloading ourselves with unnecessary images that clutter our memory and diminish the clarity of the whole.”
しかしながら、私たちは、私たちの記憶を乱し、全体の明瞭さを損なうような不必要な画像で私たち自身を過負荷にして、飛び散って、素早く考えずに撮影することを避けなければなりません。

“A photographer must always work with the greatest respect for his subject and in terms of his own point of view.”
写真家は、常に自分の主題を尊重し、自分自身の観点から仕事をしなければなりません。

“In photography, the smallest thing can be a great subject. The little, human detail can become a Leitmotiv.”
写真では、最も小さいものが大きな課題になる可能性があります。人間の細部はLeitmotivになる可能性があります。

“The most difficult thing for me is a portrait. You have to try and put your camera between the skin of a person and his shirt.”
私にとって最も難しいのは肖像画です。カメラを人の肌とシャツの間に置いてみる必要があります。

“As time passes by and you look at portraits, the people come back to you like a silent echo. A photograph is a vestige of a face, a face in transit. Photography has something to do with death. It’s a trace.”
時間が経つにつれてあなたが肖像画を見ると、人々は静かな反響のようにあなたに戻ってきます。写真は、顔、運送中の顔の痕跡です。写真は死と関係がある。それは痕跡です。

“As far as I am concerned, taking photographs is a means of understanding which cannot be separated from other means of visual expression. It is a way of shouting, of freeing oneself, not of proving or asserting one’s own originality. It is a way of life.”
私の知る限りでは、写真を撮ることは他の視覚的表現手段から切り離すことができない理解の手段です。それは自分自身の独創性を証明したり主張したりするのではなく、自分を解放する叫びの方法です。それは生き方です。

“Thinking should be done before and after, not during photographing.”
思考は撮影中ではなく前後に行われるべきです。

“Photography is an immediate reaction, drawing is a meditation.”
写真は即座の反応で、絵は瞑想です。

“The intensive use of photographs by mass media lays ever fresh responsibilities upon the photographer. We have to acknowledge the existence of a chasm between the economic needs of our consumer society and the requirements of those who bear witness to this epoch. This affects us all, particularly the younger generations of photographers. We must take greater care than ever not to allow ourselves to be separated from the real world and from humanity.”
マスメディアによる写真の集中的な使用は、写真家にこれまでにない新たな責任をもたらします。私たちは、私たちの消費社会の経済的ニーズと、この時代を目撃した人々の要求との間に矛盾があることを認識しなければなりません。これは私たち全員、特に若い世代の写真家に影響を与えます。私たちは、自分自身が現実の世界や人類から切り離されないように、これまで以上に細心の注意を払う必要があります。

“I believe that, through the act of living, the discovery of oneself is made concurrently with the discovery of the world around us.”
私は、生きることを通して、自分の発見は私たちの周りの世界の発見と同時に行われると信じています。

“You just have to live and life will give you pictures.”
あなたはただ生きなければならず、人生はあなたに写真を与えるでしょう。

Biography

バイオグラフィー

Born in Chanteloup-en-Brie, Seine-et-Marne, Henri Cartier-Bresson developed a strong fascination with painting early on, and particularly with Surrealism.
アンリ・カルティエ-ブレッソンは、セーヌ-エ-マルヌのChanteloup-en-Brieに生まれ、早くから絵を描くこと、特にシュルレアリスムに強い興味を持ちました。

In 1932, after spending a year in the Ivory Coast, he discovered the Leica – his camera of choice after that moment – and began a life-long passion for photography.
1932年、コートジボワールで1年間過ごした後、彼はライカ – その瞬間から選ばれた彼のカメラ – を発見し、写真撮影への生涯の情熱を始めました。

In 1933, he had his first exhibition at the Julien Levy Gallery in New York. He later made films with Jean Renoir.
1933年に、彼はニューヨークのジュリアンレビーギャラリーで彼の最初の展覧会をしました。彼は後でジャン・ルノワールと映画を作りました。

Taken prisoner of war in 1940, he escaped on his third attempt in 1943 and subsequently joined an underground organization to assist prisoners and escapees.
1940年に捕虜になった彼は、1943年に3度目の試みを免れ、その後地下組織に加わり、捕虜や逃亡者を支援しました。

In 1945, he photographed the liberation of Paris with a group of professional journalists and then filmed the documentary Le Retour (The Return).
1945年に、彼はプロのジャーナリストのグループでパリの解放を撮影して、それからドキュメンタリーLe Retour(The Return)を撮影しました。

In 1947, with Robert Capa, George Rodger, David ‘Chim’ Seymour and William Vandivert, he founded Magnum Photos.
1947年、Robert Capa、George Rodger、David ‘Chim’ Seymour、William Vandivertと共にMagnum Photosを設立しました。

After three years he had spent travelling in the East, in 1952, he returned to Europe, where he published his first book, Images à la Sauvette (published in English as The Decisive Moment).
3年後、1952年に彼は東への旅を過ごし、ヨーロッパに戻り、そこで彼の最初の本、Imagesàla Sauvette(The Decisive Momentとして英語で出版された)を出版した。

He explained his approach to photography in these terms, ‘”For me the camera is a sketch book, an instrument of intuition and spontaneity, the master of the instant which, in visual terms, questions and decides simultaneously.It is by economy of means that one arrives at simplicity of expression.”
彼は写真への彼のアプローチをこのように説明しました。「私にとって、カメラはスケッチブックであり、直感と自発性の道具であり、視覚的には疑問を呈し、同時に決定します。手段の経済によって、表現の単純さに到達するのです。」

From 1968, he began to curtail his photographic activities, preferring to concentrate on drawing and painting.
1968年から、彼は絵と絵に集中することを好む、彼の写真の活動を削減し始めました。

In 2003, with his wife and daughter, he created the Fondation Henri Cartier-Bresson in Paris for the preservation of his work.
2003年に、彼の妻と娘と共に、彼は彼の作品の保存のためにパリにFondation Henri Cartier-Bressonを創設しました。

Cartier-Bresson received an extraordinary number of prizes, awards, and honorary doctorates.
カルティエブレッソンは、驚異的な数の賞、賞、そして名誉博士号を授与されました。

He died at his home in Provence on 3 August 2004, a few weeks short of his 96th birthday.
彼は彼の96歳の誕生日の数週間前の2004年8月3日にプロヴァンスの自宅で亡くなりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください