エリオット・アーウィットの名言集

Source:https://pro.magnumphotos.com

“It’s about time we started to take photography seriously and treat it as a hobby.”
我々がまじめに写真撮影をして、それを趣味とみなし始めてもいいころです。

“I’m an amateur photographer, apart from being a professional one, and I think maybe my amateur pictures are the better ones.”
プロの写真家であることとは別に、私はアマチュア写真家であり、多分私のアマチュア写真はより良いと思います。

“I’ll always be an amateur photographer.”
私はいつもアマチュア写真家になるでしょう。

“I’m not a serious photographer like many of my contemporaries. That is to say, I am serious about not being serious.”
私は多くの同時代人のように真面目な写真家ではありません。それはつまり、私は本気ではないことを真剣に考えています。

“It’s just seeing – at least the photography I care about. You either see or you don’t see. The rest is academic. Anyone can learn how to develop. It’s how you organize what you see into a picture.”
あなたは見るか見ないかのどちらかです。残りは学問です。開発方法は誰でも学ぶことができます。

“Making pictures is a very simple act. There is no great secret in photography…schools are a bunch of crap. You just need practice and application of what you’ve learned. My absolute conviction is that if you are working reasonably well the only important thing is to keep shooting…it doesn’t matter whether you are making money or not. Keep working, because as you go through the process of working things begin to happen.”
写真を作るのはとても簡単なことです。写真撮影には大きな秘密はありません…学校はがらくたの塊です。あなたはただ学んだことの実践と応用を必要としているだけです。私の絶対的な確信は、あなたが合理的にうまく働いているならば、唯一の重要なことは撮影を続けることであるということです…それはあなたがお金を稼いでいるかどうかは関係ありません。仕事をする過程で物事が起こり始めるので、仕事を続けてください。

“Photography is pretty simple stuff. You just react to what you see, and take many, many pictures.”
写真は非常に単純なものです。あなたはただ見ていることに反応し、そしてたくさんの写真を撮ります。

“To me, photography is an art of observation. It’s about finding something interesting in an ordinary place…. I’ve found it has little to do with the things you see and everything to do with the way you see them.”
私にとって、写真は観察の芸術です。普通の場所で何か面白いことを見つけることです…。私はそれがあなたが見るものとあなたがそれらを見る方法を扱うためのすべてとはほとんど関係がないことがわかった。

“You can find pictures anywhere. It’s simply a matter of noticing things and organizing them. You just have to care about what’s around you and have a concern with humanity and the human comedy.”
あなたはどこでも写真を見つけることができます。それは単に物事に気づいてそれらを整理することの問題です。あなたはあなたの周りにあるものを気にし、人類と人間の喜劇を心配する必要があります。

“If you keep your cool, you’ll get everything.”
あなたが冷静さを保てば、あなたはすべてを手に入れることができます。

“I wasn’t imposing my presence on anyone,..which is very important for a would- be journalist. I stayed back. Always let people be themselves.”
希望するジャーナリストにとって非常に重要です。私は戻った。 「人々が自分自身になれるようにしましょう。

“After following the crowd for a while, I’d then go 180 degrees in the exact opposite direction. It always worked for me, but then again, I’m very lucky.”
しばらく観客をフォローした後、私はそれから反対の方向に180度行きます。それはいつも私のために働きました、しかし、ここでもまた、私はとてもラッキーです。

“I don’t think you can create luck. You’re either lucky or you’re not. I don’t know if it’s really luck or if it’s just curiosity. I think the main ingredient, or a main ingredient for photography is curiosity. If you’re curious enough and if you get up in the morning and go out and take pictures, you’re likely to be more lucky than if you just stay at home.”
私はあなたが運を生み出すことができるとは思わない。あなたはラッキーかそうでないかのどちらかです。それが本当に幸運なのか、それともただの好奇心なのか私は知りません。写真の主成分、または写真の主成分は好奇心です。あなたが十分に興味を持っているならば、そしてあなたが朝起きてそして出かけてそして写真を撮るならば、あなたはただ家にいる場合よりもっとラッキーになる可能性があります。

“Nothing happens when you sit at home. I always make it a point to carry a camera with me at all times…I just shoot at what interests me at that moment.”
家に座っても何も起こりません。私はいつもカメラを持っていくことを常にポイントにしています…そのとき自分の興味を引くものを撮っているだけです。

“The thing is that when you don’t carry a camera, that’s when you see pictures in particular, or at least that’s when you think you see pictures in particular. When you do carry it, if you do see one on the occasion that you do, you can take it.”
カメラを持っていないとき、特に写真を見ているとき、または少なくとも写真を見ていると思うときが重要です。あなたがそれを持ち歩くとき、もしあなたがあなたが持っている機会にそれを見るのであれば、あなたはそれを取ることができます。

“Something catches your eye, or your interest. You attack it in some way or observe it in some way, and try to put it in some kind of form and take a picture. It’s as simple as that.”
何かがあなたの目、またはあなたの興味を引く。あなたはそれを何らかの方法で攻撃するか、あるいはそれを何らかの方法で観察し、そしてそれをある種の形にして写真を撮ろうとします。それはそれと同じくらい簡単です。

“The work I care about is terribly simple. I observe, I try to entertain, but above all, I want pictures that are emotional.”
私が気にかけている仕事はものすごく単純です。私は観察します、私は楽しませようとします、しかし何よりも、私は感情的である絵が欲しいです。

“I like things that have to do with what is real, elegant, well presented and without excessive style. In other words, just fine observation.”
私は、本物の、エレガントな、見栄えの良い、過度のスタイルのないものと関係のあるものが好きです。言い換えれば、ちょうど良い観察です。

“Now very often events are set up for photographers … The weddings are orchestrated about the photographers taking the picture, because if it hasn’t been photographed it doesn’t really exist.”
今では写真家のためのイベントが頻繁に開催されています…結婚式は写真家が写真を撮ることについて調整されています。

“Working myself into a position of total versatility, so that I can do anything I want to do at the time I want to do it. Whether I do it or not is another question.”
自分がやりたいことができるときに自分がやりたいことは何でもできるように、総合的な汎用性のある立場に身を置く。私がそうするかどうかは別の問題です。

“You have to devote yourself totally to be successful at it.”
あなたはそれで成功するために完全に自分自身を捧げる必要があります。

“All the technique in the world doesn’t compensate for the inability to notice.”
世界のすべての技術が、気づかないことを補うものではありません。

“Photography is a craft. Anyone can learn a craft with normal intelligence and application. To take it beyond the craft is something else. That’s when magic comes in. And I don’t know that there’s any explanation for that.”
写真は工芸品です。だれでも通常の知能とアプリケーションで工芸を学ぶことができます。技術を超えてそれを取ることは他の何かです。それが魔法が登場するときです。そしてそれについての説明があることを私は知りません。

“Good photography is not about ‘Zone Printing’ or any other Ansel Adams nonsense. It’s just about seeing. You either see, or you don’t see. The rest is academic. Photography is simply a function of noticing things. Nothing more.”
良い写真とは、Ansel Adamsのゾーン印刷やナンセンスではありません。見ているだけです。あなたは見えるか、見えないかのどちらかです。残りは学問です。写真は単に物事に気づく機能です。これ以上何もない。

“You don’t study photography, you just do it.”
写真を勉強するのではなく、ただ撮影しなさい。

“Be sure to take the lens cap off before photographing.”
撮影前に必ずレンズキャップを外してください

“A picture should be looked at – not talked about.”
絵は見るものです。言葉で語るものではありません。

“The whole point of taking pictures is so that you don’t have to explain things with words.”
写真を撮ることの大きなポイントは、言葉で物事を説明する必要がないようにすることです。

“My ‘work’ is about seeing not about ideas.”
私の仕事はアイデアを出すことではなく、見ることです。

“I don’t like explosions. I don’t mind progress. But digital photography has made every man, woman, child and chimpanzee a photographer of sorts and consequently has numbed down the general quality of photographs.”
私は爆発が好きではありません。私は進歩を気にしません。しかし、デジタル写真は、すべての男性、女性、子供、チンパンジーをある種の写真家にしてきたため、写真の一般的な品質が低下しています。

“I don’t believe that photography can change the world, but it can show the world changing.”
写真が世界を変えることができるとは思いませんが、世界が変わることを示すことができます。

Biography

バイオグラフィー
Born in Paris in 1928 to Russian parents, Erwitt spent his childhood in Milan, then emigrated to the US, via France, with his family in 1939. As a teenager living in Hollywood, he developed an interest in photography and worked in a commercial darkroom before experimenting with photography at Los Angeles City College. In 1948 he moved to New York and exchanged janitorial work for film classes at the New School for Social Research.
1928年にパリで生まれ、ロシア人の両親は、1939年にミラノで子供時代を過ごし、その後、1939年に家族と共にフランス経由で米国に移住しました。写真に興味を持ち、商業暗室で働きました。 Los Angeles City Collegeで写真撮影を試す前に。1948年に彼はニューヨークに引っ越し、社会調査のためのニュースクールで映画の授業のための管理作業を交換しました。

Erwitt traveled in France and Italy in 1949 with his trusty Rolleiflex camera. In 1951 he was drafted for military service and undertook various photographic duties while serving in a unit of the Army Signal Corps in Germany and France.
Erwittは1949年に彼の信頼できるRolleiflexカメラでフランスとイタリアを旅しました。1951年に彼は軍隊のために起草され、ドイツとフランスの陸軍信号部隊の部隊で勤務しながら様々な写真の任務を引き受けました。

While in New York, Erwitt met Edward Steichen, Robert Capa and Roy Stryker, the former head of the Farm Security Administration. Stryker initially hired Erwitt to work for the Standard Oil Company, where he was building up a photographic library for the company, and subsequently commissioned him to undertake a project documenting the city of Pittsburgh.
ニューヨークにいる間、ErwittはEdward Steichen、Robert Capa、そしてFarm Security Administrationの元長であるRoy Strykerに会いました。ストライカーは当初、エルウィットを雇ってスタンダードオイルカンパニーのために写真ライブラリーを構築し、その後ピッツバーグ市を文書化するプロジェクトを請け負うよう依頼した。

In 1953 Erwitt joined Magnum Photos and worked as a freelance photographer for Collier’s, Look, Life, Holiday and other luminaries in that golden period for illustrated magazines. To this day he is for hire and continues to work for a variety of journalistic and commercial outfits.
1953年に、ErwittはMagnum Photosに入社し、コリアー、ルック、ライフ、ホリデーなどの著名な雑誌のフリーランスフォトグラファーとして働いていました。今日に至るまで彼は雇用のために働いており、様々なジャーナリズムやコマーシャルのために働き続けています。

In the late 1960s Erwitt served as Magnum’s president for three years. He then turned to film: in the 1970s he produced several noted documentaries and in the 1980s eighteen comedy films for Home Box Office. Erwitt became known for benevolent irony, and for a humanistic sensibility traditional to the spirit of Magnum.
1960年代後半、ErwittはMagnumの社長を3年間務めました。それから彼は映画に変わりました:1970年代に彼はいくつかの著名なドキュメンタリーとホームボックスオフィスのために1980年代に18のコメディ映画を製作しました。Erwittは、慈悲深い皮肉とマグナムの精神に伝統的な人道主義的感性で知られるようになりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください